初めて目にしたカタログギフト

私は、今まで『カタログギフト』という存在を全く知りませんでした。私がその存在を知ったのは、2年前の、今では旦那さまである彼と同棲を始めた年の暮れに彼が、忘年会のビンゴゲームで持って帰ってきたのが『カタログギフト』でした。
最初見たとき、これどういうことなんだろうと不思議でしたが、彼からこの中から好きなの1つもらえるんだよと言われて、こんなギフトもあるんだと知ったときはすごくビックリしました。

私達が頂いたのは、5,000円分のカタログギフトでした。これは、値段によって商品もグレードアップするみたいです。
カタログギフトには、様々な商品が掲載されていて最初は温泉やホテル等の宿泊施設が載っていて、テンション上がりました。5,000円でこんなところに泊まれるなんて!!と目をきらきら輝かせていたら、どれも1名様となっていて、そうだよね…と落胆してしまったのを未だに覚えています。
それから、高級なお肉などの食品だったり、包丁やお鍋等の調理器具からバッグや財布洋服などとにかく、バラエティーに富んでいました。
私達は、節約生活をしていてほとんど何も自分達の物を買ってなかったので、どれも欲しくてかなり迷ったのですが、元々、彼がビンゴゲームで勝ち取ったものだと思い出したので、彼が好きなものを頼んだら良いと言いました。
でも彼は、自分は欲しいものがないので私に選ばせてくれたんです。
嬉しかった反面、何だか悪い気もしました。
ギフトカタログには、注文期限日もあるみたいなのでそれから、夜には2人でこれがいいとか、あれがいかな!?とかいろいろ見ました。
普段帰りが夜遅く、私はパートで不規則なのでなかなか2人の時間が合わないので、私にとってはその2人で選ぶ時間がとても幸せでそれだけでも素敵なプレゼントに思えました。
どうせなら、お互いが必要とするものが良いと思って、ずっと買えずにいた大きなお鍋を
選びました。
食べることが好きな彼なので、お鍋だったら疲れた彼に美味しいご飯を沢山作って、少しでも心や体を癒せたら嬉しいなと思います。
今ではそのお鍋はなくてはならないくらい大活躍しています。とにかく、大量に作れる予想以上の大きさでした。
でもさすが5,000円相当のお品物なので、造りはしっかりしていて良いと思います。こんなしっかりした商品が届くのであれば、毎年何をあげたら良いか迷ってしまう両親の誕生日プレゼントや父の日、母の日のプレゼントにギフトカタログをプレゼントしたら、自分で好きなものを選べるので喜んでくれるかなぁと考えています。
まだ、カタログギフトをあげたことがないので、今年はぜひプレゼントしてみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*