「カタログギフト」のメリット

贈り物とは、相手の趣味や好みを想定し、あれやこれやと吟味を重ねた上で、選び抜いた品物を贈るのが一般的でした。
今でも、友人や恋人などのごく親しい間柄であれば、自らが思いを込めて選んだ品を贈りますよね。
しかしそれは、相手のことを「良く知っている」からこそ、素直に喜んで貰うことが出来るのです。

良く知らない相手、例えば仕事上でのお付き合いや遠い親類など、社会人になると、贈る先の好みに合わせるのが難しいということが多くなります。
また、贈られた相手にしても、せっかくの品物に複雑な心境を抱くことともなり、双方にとって後味の悪い結果を招きかねません。
どちらにも悪気はないのに、どちらにも嬉しくない結果となる。
しばしばたとえに挙げられることですが、結婚式の引出物に、新郎新婦の写真や名前がプリントされた絵皿やカップを贈られることなど、最も典型的な場面です。
社会人であれば、誰しもが一度は経験のあるこういった「想いの行き違い」を、贈る側・贈られる側のどちらにも嬉しいようにと開発されたのが、「カタログギフト」という商品なのです。

最初のニーズはまさに結婚式の引出物市場にあったと聞きます。一部の企業の商品に形態としては以前から存在したのですが、市場を拡大した背景には、引出物に悩む新郎新婦、贈られる招待客、双方のニーズに応えようとしたことの影響が大きいようです。
当初は、贈る側の怠慢であるとか、贈られた側が自分たちで商品を選ぶという行為のどこか味気ない感じについて、不満を持つ声もあったようですが、一度経験してしまうと、どちらにとっても快適な仕組みであったようで、爆発的に浸透していきました。

結婚式といった「喜びの場面」のカタログギフトに限らず、葬儀の香典返しなど、冠婚葬祭の全般において、今ではすっかり当たり前のものとなっています。
その商品ラインナップも、以前は、花販売企業ならば花のみの、菓子ならば菓子のみの、とひとつのカタログ内には提供する企業が扱う品物に偏った編成となっていましたが、現在では一冊のカタログに花や食品、生活雑貨や衣類、果ては図書カードや百貨店のギフトカードなどのいわゆる金券まで、実に豊富な品が取り揃えられており、選ぶ側への配慮が一層細やかになっています。
更に近年では、お中元やお歳暮といった季節の挨拶品にも、それぞれの特色に応じたラインナップによるカタログギフトが登場しており、利用する機会も非常に増えています。
また、具体的な商品だけに留まらず、海外旅行やテーマパークへの招待券など、形のない贈り物を取りそろえたカタログギフトもお目見えしており、裾野はますます拡大しています。
今後はより細分化されたニーズに対応する商品、例えば料理のデリバリーサービスや医療介護といった福祉サービスなどへの拡大が期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です